ゆうや です。

ご訪問ありがとうございます。

婚活ではないので、こちらで過去の事例を書きたいと思います。

過去に本気で結婚したいナと思った女性がいました。
別ブログでは「別れるためのプロポーズ#1」「別れるためのプロポーズ#2」で結婚しようと言ったことがありましたが、真意ではなかったです。

自分が30代前半。今でいうアラサーですね。そのくらいの時のお話です。

彼女との出会いは・・・友人たちとバーベキューへ行った時のこと。

その時のことは今でも鮮明に覚えてます。

友人の職場の女性やその友達も来てました。

男性3人、女性3人の合計6人。あきらかにコンパやん。

自分は何人くらい来るということくらいしか知りませんでした。その中には女性もいるということくらい。

実際にバーベキューを始めました。

せっせとバーベキューコンロなどを用意。

お肉をトング使って自分が焼いてました。他の友人はあまり何もせず。そんな友人であることは承知済みで。女性とばかりしゃべってた。

どんどんお肉焼いたり野菜焼いたり。女性たちも少しくらいは手伝ってくれるのかと思えば、あまり何もせず。

俺は使われたなって感じ(笑)。

もうこのお肉焼けたよ~とか声かけてたのを覚えてます。

そうこうしているうちにひとりの女性が・・・

「ゆうやさん、ほとんど食べてないじゃないですか。私やります。食べてください」

そう声をかけてきてくれた女性がひとりいました。気遣ってくれました。

「気にしなくていいよ~、いつものことだから。オレやるよ~」

彼女にトングを奪われてしまったので、僕も遠慮なくお肉をいただきました。

お肉も全部焼き終えて、みんなおなかいっぱいに。


最後にお口直しにヨーグルトで簡単フルーツポンチを用意。友人たちなんてそんなこと全然考えてない。女性がいるということで考えました。

まったりとしたお口にはさっぱりとしたヨーグルトが合いますね~。

缶詰のフルーツピポンチとその缶詰に入っているシロップ、無糖のヨーグルトを手早く混ぜ合わせて出来上がり。

紙コップに入れてプラスチックのスプーン(これも自分が用意)を渡して・・・

「お口直しに」ってみんなに配りました。

機材やらゴミやらまとめて帰りの準備。他の人たちは手伝わなく、彼女だけ手伝ってくれました。

自分のクルマでひとり乗って行ってました。友人のクルマはミニバン。その2台。

帰りにカラオケ行くっていうことでしたが、俺はもう帰るわって友人に伝えて帰ることに。

「私も帰りたい」と彼女。

「みんなでカラオケしたら楽しいよ、行っといで」って勧めましたが「私は歌わないので」と拒否。

しかたないので、彼女を乗せて最寄りの駅まで送っていくことに。

最寄りの駅はどこかと聞くと自分と同じ駅。そこまで送っていきました。

もう駅に着くという頃。すぐ近くかと聞くと、バスに乗って帰るとのこと。

それじゃバス停まで送るよとお声がけ。あっさり「お言葉に甘えて、お願いします」と。

道がわからないので、教えてもらいつつ、何か話しながら運転してたと思います。さすがに何話してたかそこまでは覚えてません(笑)。

もちろん自分の地元なので、全然わからない道でもないっていうか、知っている道。それは一切彼女には言わず。

バス停に着いて「あそこです」って彼女が家を指差し。何も言わず、自宅前までクルマを持って行きました。



「それじゃ・・・」

「電話番号、教えてもらえますか?」

聞かれたので、素直に教えました。

そして自分も帰りました。

つづく

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

別ブログ(アメブロ)「45歳からの婚活奮闘記」も書いております。よろしければ閲覧いただければ幸いです。

スマホからアクセスいただいているかたはLINEで当ブログの更新通知が受け取れます。